【New】月刊ポッドキャスト新聞10月号

【レビュー】『さくら通信存続をかけたクラウドファンディングをやります』|さくら通信(第185回)

「さくら通信」レビュー

テンプレ情報

  • タイトル:『さくら通信存続をかけたクラウドファンディングをやります』
  • 放送回:第185回
  • 配信日:2018-11-13
  • 長さ:53:17
  • 配信ページ:http://sakuratsushin.com/cloud/
  • 説明:今回の放送は、切実なお願いの回です。 我々の思いは音声放送と、プロジェクトページに込めております。どうぞお聴きください。 Readyforのプロジェクトページは、 こちら https://readyfor.jp/projects/17413 … Read more »

(※以下、敬称略)

内容

さくら:皆さん、こんにちわ。六流作家のさくら剛です。
山本:皆さん、こんにちわ。トリカゴ放送の山本です。

:さくらさん!『さくら通信存続をかけたクラウドファンディングをやります』、、で言いたいことがあるそうなんですが。

ちょっとぎこちない山本の恒例音頭でスタート。

クラウドファンディングとは?(OP~)

今回はタイトルそのままのお話と語るさくら。

今回クラウドファンディングの募集発表にに至るまで、構想1年以上、本格的な準備は2018年春頃からだったと振り返るさくら。

:すごい時間をかけて準備しましたから。ドッキリとかじゃないですよ。

さくらよりクラウドファンディングとは何かという説明。

仕事あるいはプライベートに関わらず、なんらかのプロジェクトを行いたいけど資金が足りないという時、例えば「こういう商品を開発したい」、「こういう斬新なイベントを開催したい」、「出版したい」といった時、広く協力してくれる方に金銭的支援を募る。その際支援額に応じて「こういうお返し(リターン)をします」と主催者側で定めプロジェクト達成後にはリターンを準備する。プロジェクトには目標金額があり、目標金額を達成すればプロジェクトを実施、期限までに目標金額に未達ならプロジェクトは白紙。

:1円でも足りなかったらすべてなかったことになるっていう。それまでいくら集まってても、開始前の何もなかった状態に戻る、記憶の中にしか残らないてっていう、、もちろん主催者側は深いトラウマをそこで持つことになりますね。

言うなればドラクエのセーブデータが消えたようなもの。天国(目標金額達成)か地獄(未達)か。

いくつか例を挙げるさくら。

真木よう子のコミケ写真集販売プロジェクトを知らない山本。

:ご存じない?つくづく思うんですけど山本さんはどういう情報環境のなかで日常生活を送っているのかっていうのは結構疑問に思いますね(笑)
:小林幸子がコミケに出たってニュースは見ましたよ、僕。
:はい、、、それがクラウドファンディングと何の関係があるんですか?コミケに来てたっていう、ただそれだけの話じゃないですか!

参考 真木よう子、フォトマガジン出版プロジェクト。CAMPFIRE

以前、さくら通信でも話題にあがったホリエモンアイドルのプロジェクト資金も一部クラウドファンディングで調達。

参考 ホリエモンアイドルお披露目ライブ&記者会見・劇場プレオープンにご招待!CAMPFIRE
参考回

第162回放送 「現代アイドルの現場(オーディション編)」

クラウドファンディングの目的(06:40~)

今回のクラウドファンディングの説明とお願い。

:僕と山本さん二人でモーニング娘。のメキシコツアーを観覧に行きたい。

MORNING MUSUME。’18 in Mexico

冗談はさておき、7年来の悲願だという本当の目的は『さくら通信』のスマートフォンアプリを作成すること。

番組では過去放送とおまけ放送の販売を継続して行ってきたが、それをスマホだけで完結させられるアプリをずっと作りたかったという二人。具体的には、アプリを立ち上げて購入、ダウンロード、聴取まで可能なもの。

実はPCを持っていないリスナーからずっと要望があったそうだ。

今の若人はPCを持っていない人も珍しくないと感じると語る山本。自分たちの世代ではPCを持ってない人はあまりいないが、昨今のスマホ性能向上により、インターネットを利用するだけならもはやPCは必要ないのかもしれないという。

:環境がだいぶ違いますよね。「最近の若者は苦労知らんな」と思っちゃいますけどね。エロ画像みるときに上からカタカタ、カタカタ、30秒くらい待たないと出てこなかった、あの苦労を今の若者は知らないってことですか?
:昔ほんまにそんな時代でしたね。
:しかも通話料かかるんすよ、ネットやるのに。

過去を振り返る二人だがもうそんな時代でもなく、スマホしか利用しない人から気軽にアプリ作成の要望を受けるが、実は死ぬほどお金がかかるのだというさくら。

山本がアプリ製作を手がけるメージャー所数社に見積もりを取ると、金額は軒並み1000万円超え。この見積もりの時点では一度挫折しかけたという二人。

:リスナーさんの「パソコンよくわからないんで、スマホのアプリ作ってくださいよ」とか気軽に仰る、それで「あっ、いいですよ。作りましょう!1000万かけて作っときますんで^^」とかこっちは気軽に答えられないんですよ。

では、今回のクラウドファンディングでいくら必要なのかという目標金額が発表される。今回目標は2段階。

まず第1段階であるメイン目標に対する金額は100万円。

山本が足を使って、およそ200万円でアプリ作成を請け負ってくれる会社を探したという。よってひ最低限必要費用の半分の100万円集まれば、残りは番組側で身銭を切れるという。もちろん、もっと集まるに越したことはない。

  • 100万円が集まれば、第1段階としてiOSアプリを作成する。
  • さらに総額が130万円を超えた場合、第2段階としてAndroidアプリの作成を行なう。

募集はRedy Forというサイトで既に開始済み。

プロジェクトページ

コメディPodcast「さくら通信」のスマホアプリを作りたい
https://readyfor.jp/projects/17413

リターンについて(13:14~)

目標金額達成時のリターンについての発表。

支援金額ごとに違うリターンが用意されているが、大きくは「さくらコース」「山本コース」に分かれる。

:リスナーさんのなかでも、推しメンが違うでしょうからね。

さくらファンがほとんどではないかという山本だが、リスナーから頂くメッセージを見ても穏健派のさくら派と過激派の山本派に分かれているのが伺えるというさくら。

:(山本派は)仮装して車ひっくり返すような連中ね。

箱推し(グループ全体を推す)の方は、両コースに応募することも勿論可能だという。


先にまとめから。

『さくら通信』クラウドファンディングのリターン

※※注意※※


各コースの説明。

クラウドファンディングのページ(https://readyfor.jp/projects/17413)と併せてご覧ください。

さくらコースA

◎金額:1,000円
◎内容:さくら通信特別放送
◎発想予定:2019年2月頃

支援いただいた方へのお礼として、さくら通信をテーマ「クラウドファンディング」で1本収録し、MP3ファイルの送付、加えてスマホの主要ブラウザでも聴くことのできるURLをお送りします。

※ただの「お礼放送」ではなく、いつもの通常回と同じような雰囲気・ボリュームになります

:準備進めるにあたっていろいろ個人的に頭にくることとかあったんですよね・・・
:(笑)(焼肉のこととかですか?)

通常回と同じく、丸3日ほどかけて準備したというさくら。『さくら通信』のホームページに特設ページを設け、そのURLを送付。ブラウザで聴取可能。特殊なブラウザの場合、山本が対応すると宣言。

7年間の歴史で人の成長と希望を感じて貰える音声だという。


さくらコースB

◎金額:3,000円
◎内容:さくら通信レア音声集
◎発想予定:2019年2月頃

さくらコースAの内容に加え

1.幻の第0回放送(2011年4月収録)
2.幻のボツ放送(2017年2月収録)
3.ノーカット放送「伝説のファミコン名人」(1時間25分)
4.ノーカット放送「『ホームアローン』の残虐性」(1時間14分)

の4本の音声を、
MP3ファイルの送付、加えてスマホの主要ブラウザでも聴くことのできるURLをお送りします。

★幻の第0回放送

なぜこんな音源が残っていたのか自分の几帳面さに驚くというさくら。2011年に録音し、さくらのPCに眠っていた音源。第1回放送前に録った、“本当の”第1回放送。

すごさは、「全然おもしろくないことだ」という山本。編集していて地獄だったというさくら。

★幻のボツ放送

『さくら通信』の歴史上3本のみ存在するボツ回のうちの1本。

さくらの公開していい基準をちょっとだけ下回ったもの。つまり面白くなかったということ。これを聴けば、さくらの基準が分かってもらえるという。

★ノーカット放送「伝説のファミコン名人」
ノーカット版:1時間25分
放送版:56分

★ノーカット放送「『ホームアローン』の残虐性」
ノーカット版:1時間14分
放送版:52分

『さくら通信』は収録音声をさくらが10時間近くかけ編集しているが、編集していないノーカット音声をお披露目。

元々二人別々の音声を合わせて1ファイルにし雑音のみ消したファイル。それ以外はカットなし。

通常版と聴き比べると、どのような編集が入っているか分かるという。ポッドキャスターも編集の参考になるかも。

上記4本とAコースと合わせて合計5本。

これが一番お得かもしれないという山本。


さくらコースC

◎金額:10,000円
◎内容:大ボリューム冊子「さくら通信 原稿集」
◎発想予定:2019年2月頃

さくらコースA、さくらコースBの内容に加え
収録のためにさくら剛が作成したワード原稿、その原稿をほぼそのまま(収録時に見ていた形で)掲載した限定冊子を作成し、お送りします。8話掲載予定です。
厚さは100ページ弱になりそうです。
電子ではなく、同人誌のような紙の冊子となります。

収録テーマは「ホラー映画」「江戸時代」「伝説のファミコンゲーム」「10年後の中国1」「北朝鮮1」「仁義なき戦い」「伝説のファミコン名人」「『ホームアローン』の残虐性」の8話を予定しています。

※発行部数が100部以上確定したら収録話数を10話に増やします(どの回かは未定)
※発送時にサインはおつけできませんが、将来どこかでさくらor山本を見かけたり会ったりした時に、この冊子をお持ちの方にはいつ何時でもサインさせていただくことをお約束します
※海外は郵便事情が不安なため、国内のみの発送とさせてください

人気のある回8話をピックアップ。

誤字脱字も校正なしで、収録時にさくらが見ていたものをそのまま送付。

「伝説のファミコン名人」、「『ホームアローン』の残虐性」の2本はBコースのノーカット音声と照らし合わせるとさらに色々なことが分かると語るさくら。

さくらの原稿を見たことがない山本自身も興味があるという。

本としての作りは期待しないで欲しいとのこと。原稿(中身)が読みたいという人は是非。


さくらコースEXTRA

◎金額:10,000円
◎内容:「さくら通信 原稿集」巻末にお名前を掲載させていただきます
◎発想予定:2019年6月頃

「さくらコースC:大ボリューム冊子『さくら通信 原稿集』」の巻末に、「クラウドファンディング特別ご支援者様」としてお名前(ハンドルネーム可)を掲載させていただきます。
冊子の価値が将来上がるとすれば、掲載しておく価値もあるかもしれません……

※※重要※※ こちらは「お名前を掲載する権利」だけのリターンです。冊子はつきません。さくらコースCは別途お申し込みください

※掲載順は日本語読みであいうえお順とさせていただきます

神社などで寄付者の名前を木札に書きますといった類のもの。

:ここに載った方のお名前は我々の記憶に刻みこまれるんじゃないかと思います。


さくらコースD

◎金額:15,000円
◎内容:海外の旅先からさくら剛が直筆はがきをお届けします
◎発想予定:2019年6月頃

さくらコースA、さくらコースB、さくらコースCの内容に加え
さくら剛が海外旅行に行き、支援者さま宛に現地から直筆の絵はがきを出します。

※裏面が写真、表面に宛先と本文を書く絵はがきを使用する予定です。宛名もさくら剛が書きます
※郵便事故で不着の場合は、国内から再送する形となります

プロジェクト達成後、さくらが短期で海外へ行く予定。

:どこに行くかは僕の一存で決めますけど。リクエスト受け付けるとろくなところに行かされないっていうのは容易に想像できますので。


さくらコースE

《SOLD OUT》

◎金額:20,000円
◎内容:さくら剛と飲みに行ける権利
◎発想予定:2019年6月頃

さくらコースA、さくらコースB、さくらコースC、さくらコースDの内容に加え
東京(新宿)にて、さくら剛と少人数で飲みに行けます。少数のためしっかりお話できます。1度の飲み会の参加人数はさくら剛含め4人です。
支援者様の数が少ない場合や、他の支援者様と日程が合わない場合、マンツーマンになる可能性もあります。

※飲み会の料金は、参加者全員で割り勘となります(5000円前後予定)
※開催値は新宿の居酒屋です
※2次会はありません

支援者は45名限定。最高で15回の飲み会。

マンツーマンが嫌なら権利を行使しないことは可能(笑)

悪酔いするかたはご遠慮いただきたいとのこと。


さくらコースF

《SOLD OUT》

◎金額:30,000円
◎内容:さくら通信初期の手書き原稿3枚セット
◎発想予定:2019年2月頃

さくらコースA、さくらコースB、さくらコースC、さくらコースDの内容に加え
さくら剛がさくら通信の原稿を手書きでかいていた頃の原稿、3枚を1セットにしてお送りします。世界に1枚ずつしかない原本です。
A4の紙の表裏に、シャーペンでびっしり文字が書かれています(片面だけのものもあり)。

※折り目がついたりシワになっているものもあります。
※シャーペンの文字のためこすると消えてしまうのでご注意ください。1枚ずつクリアホルダーに挟んでお送りします。
※さくらコースEの飲み会の権利はつきませんのでご注意ください。

支援者は5名限定。

いつの日かくるかもしれないさくら剛記念館のためにさくらが保存していたもの。将来プレミアがつくかもしれない。


さくらコースは以上。

山本コースA

◎金額:2,000円
◎内容:山本さんとスカイプ通話20分
◎発想予定:2019年2月頃

山本さんとスカイプ(パソコンもしくはスマホアプリで使用できます)で20分通話ができます。
世間話もよし、人生相談するもよし、さくら通信ごっこをするもよし!
LINE通話など他の通話アプリでも極力対応させていただきます。

※おひとり様いくつでも支援可能です。複数支援、もしくは山本コースBと組み合わせれば、好きな時間分お話ができます。
※カメラは使用してもしなくても、どちらでも構いません
※平日午前、木曜日、日曜日に行う予定です。支援いただいた数が多い場合、先の日程になることご了承ください

山本コースB

◎金額:3,000円
◎内容:山本さんとスカイプ通話30分
◎発想予定:2019年2月頃

山本さんとスカイプ(パソコンもしくはスマホアプリで使用できます)で30分通話ができます。
世間話もよし、人生相談するもよし、さくら通信ごっこをするもよし!
LINE通話など他の通話アプリでも極力対応させていただきます。

※おひとり様いくつでも支援可能です。複数支援、もしくは山本コースAと組み合わせれば、好きな時間分お話ができます。
※カメラは使用してもしなくても、どちらでも構いません
※平日午前、木曜日、日曜日に行う予定です。支援いただいた数が多い場合、先の日程になることご了承ください

制限なし。

自分だけの『さくら通信』を(『よしお通信』など)。

権利だけ買っておいて、辛くなったときに相談する用にとっておくという使い方もアリ。

スケジュールは先着順で調整。

:スカイプなら接触を伴うセクハラは出来ませんからね。女性の方も安心して頂きたいなぁと。

仕事柄ダイエットのことについては詳しく話せると思いますとのこと。

ポッドキャスターには山本さんをスカイプ収録で番組にゲスト出演させることも可。


山本コースC

《SOLD OUT》

◎金額:10,000円
◎内容:山本さんと飲みに行ける権利(高知)
◎発想予定:2019年2月頃

高知県にて、山本さんと少人数で飲みに行けます。少数のためしっかりお話できます。日程はご相談に乗ります。
1度の飲み会の参加人数は山本さん含め4人までですが、マンツーマンになる可能性も高いです。

※スカイプ通話はつきません
※飲み会の料金は、参加者全員で割り勘となります(5000円前後予定)
※開催地は高知市です

募集人数は15名限定。

高知県は美味しい居酒屋が多いという山本。高知で5000円出せば唸るぐらい美味しいところに連れていけるという。

:人脈持ってますからね、山本さんは。友達になったらいいことあるんじゃないですか?


山本コースD

《SOLD OUT》

◎金額:30,000円
◎内容:山本さんによる1日高知観光案内
◎発想予定:2019年6月頃

山本さんが地元高知を1日観光案内します。
1支援で2名様まで参加できます。もちろんおひとりでも大大大歓迎です。

※スケジュールの都合で2組様を同時にご案内する可能性があります
※入場料、交通費などの諸経費は支援者様ご自身のご負担となります
※スカイプ通話はつきません。当日飲み会を行なうかどうかは事前にご希望を伺い決めさせていただきます

募集は5口限定。

山本が車を出す。プロ並みの観光案内が可能とのこと。

12月から成田-高知便のLCCが就航予定。

参考 高知に新規就航!Jetstar

山本コースは以上。

さくら通信でCMを流せる権利1本分

◎金額:100,000円 / 200,000円
◎内容:掲載期間半年 / 掲載期限なし
◎発想予定:2019年6月頃

企業様、もしくは商売をされている方向けです。
さくらコースA、さくらコースB、さくらコースC、山本コースB(打ち合わせを兼ねる)の内容に加え、
さくら通信の通常回1本で、冒頭または最後、好きな方に御社の音声CMを挿入させていただきます(最長2分まで)。
放送後、半年経ちましたら掲載終了とさせていただきます。

※音声CM自体は支援者様側でご用意ください
※30秒を超えるCMの場合は放送の最後に入れさせていただきます
※1本の放送の中で他のCMと重複することはありません
※公序良俗に反する内容、またさくら通信側が不適切と判断した音声は掲載できかねます


企業様、もしくは商売をされている方向けです。
さくらコースA、さくらコースB、さくらコースC、山本コースB(打ち合わせを兼ねる)の内容に加え、
さくら通信の通常回1本で、冒頭または最後、好きな方に御社の音声CMを挿入させていただきます(最長2分まで)。
Podcastアプリ上にさくら通信がある限り、掲載し続けます。

※音声CM自体は支援者様側でご用意ください
※30秒を超えるCMの場合は放送の最後に入れさせていただきます
※1本の放送の中で他のCMと重複することはありません
※公序良俗に反する内容、またさくら通信側が不適切と判断した音声は掲載できかねます

プロジェクトページはスマホで閲覧可、かつスマホからも支援が可。

そもそもスマホの方のためのプロジェクトですからね!是非お願いできればと。

支援するしないに関わらず、一度プロジェクトページを見て欲しいという二人。

金額による今後の予定(47:53~)

100万円または130万円ジャストで集まるということはないので、目標額を超えた分についての使い道の説明。

約200万円の制作費はかかるので、目標額を超えた分はそれに充当する。また、アプリの運営費(iOSのバージョンアップ対応など)、サーバー代、ドメイン代等の維持費に充てる。

:多くあ集まって困るということは絶対ないので。
:元気玉ですからねこれ!言うなれば。

目標額未達だと二人の、特にさくらの落ち込みぶりは想像を絶するものになるだろうという。

:元気玉が全然集まらなかったということですもんね。誰も手をかざして“気”を分けてくれなかったっていう、、

「存続をかけた」の意味(49:17~)

❝存続をかけた❞クラウドファンディングの意味するところについてさくらが語る。

:別に「目標いかなかったら最終回にします」とかいう、なんか「CD一万枚売れなかったら解散!」みたいな、そういう感じに考えていたわけじゃないですけど。ただ、実質足掛け1年近く、特にこの数ヶ月打ち合わせを重ねて、役割分担も決めて準備して望んだ企画ですよ。で、あっさり「未達成・プロジェクト中止です」ってなったときに、歴史上最大の落ち込みが来ると思うんですよね、『さくら通信』の。いつかアプリで収益化できるかもって希望を頼りにこれまで赤字でも頑張ってきたところがあるわけですよ。これダメになったらもう「アプリの収益化の可能性もないです、赤字です、でも続けましょう」っていうのはちょっとモチベーションとして無理があるんじゃないかなって予感がしてて。実質、終わる気がするなぁっていうのは半分本気で思ってるんですよね。7年掛けて作品作ってきて100万円を集められるところまで到達しなかった自分っていうのにちょっと表現者としてショックというか。

ネガティブなことを考えるのは止めて、きっと大丈夫だろうからと盛り上げる山本。

:案外あっさり達成して、「あっ、こんな支援して貰ったら当分やめる訳にはいかないなぁ」とさらにモチベーションが上がって次の回が放送できることを期待しましょう。

順番にやっていくことは時間がかかるが、絶対にやります。アプリの概要設計は既に時間をしっかりかけて終わっています。とのことで終わり。

プロジェクト発表後

11月13日にプロジェクト発表後、14日には第一目標達成の報がありました。🎉


11月16日午前3時の時点で271.4万円を達成されています(支援者308人)。

支援の締切はクリスマスイブ🎄前日の12月23日(日)午後11:00まで。

感想

ポッドキャスト界全体にとって価値ある試みじゃと思う。

別記事で引用させて貰ったこちらのアンケート、なにやらありそうじゃと思うたがこういうことじゃたか。

さて、ポッドキャストが抱える大問題。ぶっちゃけると「マネタイズが難しい」ということ。

いまPodcastの配信者が持っている共通認識が、「Podcastはお金にならない」ということです。
TBSラジオが撤退したことからもわかるように、Podcastは制作に費用はかかるが、広告がつくシステムもなく、配信者が金銭的に見返りを受けられる機会がありません。

しかし私たちさくら通信が様々な形で収益化にチャレンジしていき、Podcastでも質の高いコンテンツを配信し続ければ利益を上げることは可能なのだということを、証明してみせたいと考えています。

プロジェクトページより(https://readyfor.jp/projects/17413)

これからのポッドキャスト

では、ポッドキャストはジリ貧のニッチなオタクメディアなのかといえばそんなことはない。

Appleのプラットフォームを通じたポッドキャストの聴取件数(DLとストリーミング)は近年爆増している。2018年3月時点で累計500億件超え。

Apple’s podcasts just topped 50 billion all-time downloads and streams

 

As content has grown, so has the fanbase:

  • In 2014, there were 7 billion podcast downloads.
  • In 2016, that number jumped to 10.5 billion.
  • In 2017, it jumped to 13.7 billion episode downloads and streams, across Podcasts and iTunes.
  • In March 2018, Apple Podcasts passed 50 billion all-time episode downloads and streams.

While there are a lot of podcasts out there, and creative minds and innovative brands are constantly creating new ones, it seems clear we’re all doing our best to listen to each and every one of them. So keep ’em coming, podcasters.

04.25.18 | PLATFORM WARS

グーグルも再参入して、業界は盛り上がりこれからもっと便利な仕組みが生まれてくるはず。

参考 Googleの再参入で、ポッドキャストの世界は激変するWIRED

 

現代は「すきま時間」の奪い合い。

SNS、YouTubeに代表される動画コンテンツ、Netflixなどの新興オンデマンド配信、ゲーム、既存のマスメディア。

では、お風呂、家事、通勤の時間は?料理をしても、シャンプーをしても、スマホ画面すら見れない満員電車でも、運転中でも、両手が塞がっている環境で耳だけは空いているという場面は多い。音声コンテンツの可能性はまだまだ広がっているとおじいちゃんは思う。

ポッドキャストでいうと、これまで配信市場はAppleのプラットフォームが独壇場だった(70%以上)が、近年は各社の参入によりそのシェアは55%程度にまで低下しているらしい。そのうちネット界の巨人たちによりマネタイズの制度も追いついて来るじゃろう。

イイものを広めることは昔よりも容易い時代。今回のプロジェクトのように独自の取組みが成功のモデルケースになり、ポッドキャスター達が様々な企てを興し業界を盛り上げてくれることに期待したい。大切なのは業界全体で盛り上げようとする空気かなと思う。

 

おじいちゃん

おじいちゃんもイチ番組のファンとして、そしてポッドキャストというメディアを愛する者として、心ばかりですが応援しましたよ。

 

終はり。


結果(後日談)

★追記(2018/12/28)★


『さくら通信』クラウドファンディング結果

見事、目標金額100万円に対して571万円という結果を達成されました。

おめでとうございます🎉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。