当ブログをご紹介いただいたPodcast番組

【書き起こし】元旦特番 MBSラジオ『次は~新福島!』 安住紳一郎✕福島暢啓 新春スペシャル対談【3万字】

新春パイセンSP!安住紳一郎とガチ対談!

こんちわ。おじいちゃん(@podogchan)です。

あけましておめでとうございます。

今日は、大阪のMBSラジオで新春特番として放送された『MBSラジオ亥の一番!次は~新福島!猪ベリグ大新年会!』の目玉企画、TBS安住パイセンとの対談コーナーの様子をレポートします。

テンプレ情報

  • 放送日時:2019年1月1日  12:00~17:35
  • タイトル:MBSラジオ亥の一番!次は~新福島!猪ベリグ大新年会!
  • パーソナリティー:福島暢啓(MBSアナウンサー)
  • ゲスト:安住紳一郎( TBSアナウンサー)

内容

安住アナ登場は16時分頃から。

福島暢啓:この後ですね、皆さんお待ちかねの…もう分かった、分かったから。お待ちかねね。この後はあのパイセンとの対談をお送りいたします。

(CM)

福島:さぁ時刻は午後4時15分になろうとしていますが、皆様お待たせいたしました。え~この話をしなくてはいけませんが…昨年の10月7日、私が東京にある方から呼び出されまして…それがTBS、天下のTBSの人気アナウンサー、安住紳一郎アナに呼び出されましてですね。10月7日、ご自身の夏休み取得のための番組の代打をやってくれということで行って参りました。
そこのご縁で何かとやり取りをすることが増えたんですけども、呼ばれたからにはこっちも呼びたいということになりましてですね、12月の末にMBSになんとあの安住さんが来てくださいまして。
この番組のためだけですよ!このあと流れる…のためだけ!
あのものすごい忙しい、日本レコード大賞やってる、あのものすごく忙しい安住紳一郎さんがわざわざ大阪に、このためだけにやってきましてですね、1時間ぐらいずっと喋りました。


で、その安住さんをお迎えするにあたり、あんまり他所のラジオ局でしゃべったのってそんなに聴いたことないですから、「どうしようか?」っていうので我々も知恵を絞りましてですね、スタジオにこたつを用意しまして、そこにみかんを置きましてですね、実家みたいな雰囲気で喋って貰おうということで構えたわけです。
その時の…どうせあれでしょ?今、東京とかでエリアフリーで聴いてる皆さんもここのためだけに、何ならこの時間ぐらいから聴いてるだけみたな人も多いんじゃないですか?ね!
お待たせいたしました。それではお聴き頂きましょう。安住紳一郎アナウンサーとの対談です!



安住紳一郎アナ登場

スペシャルゲスト 安住紳一郎

福島:「ラジオ博愛主義。パイセンがやって来た。新春スペシャル」

(♪音楽)

福島:さぁ、このチョベリグ大新年会、いよいよこのお時間がやってまいりました。
普段『次は~新福島!』ではラジオ博愛主義を謳いましてパイセンがやって来たなどと言って、様々な先輩に来て頂いていろんなノウハウなどをお聴きしているコーナーがあるんですけれども、今回のパイセンはですね、まぁなんと言いますかようやく来て頂いたというような感じだと思います。
先程からずっと煽っておりますが、それではご紹介いたしましょう。スペシャルゲストです。
TBSアナウンサー、安住紳一郎さんです。よろしくお願い致します。

安住紳一郎:おめでとうございます。よろしくお願いします。

福島:よろしくお願い致します。
まぁ安住さんが今日来てくださるということで、我々といたしましても(笑)

安住:(笑)

福島:「どういう風にお迎えしたらいいかな?」と知恵を絞りまして、今日はお正月らしくこたつをスタジオに用意しまして。

安住:びっっくりしました。ありがとうございます。

福島:MBSの美術倉庫から引っ張り出してきました(笑)

安住:これね、なかなかラジオでは見えないのにどういう演出なのかなと戸惑いながらも…

福島:(笑)
まぁこれ収録ですので、年末に収録してるんですけど、おそらく今安住さん相当お忙しくお疲れだろうということで。

安住:あっ!ありがとうございます。

福島:ちょっとでもこう、親戚の家に来たような雰囲気で喋って頂けたらいいかなと。

安住:本当に(笑)みかんあり、お茶まで入れて頂いて。
そして猪の置物と門松と。

福島:置きまして。

安住:ありがとうございます。

福島:一応少しでも華やかにと思いましたんですけれども。
大阪には時々お仕事ではいらっしゃいますか?

安住:そうですね、仕事で年に3回、4回くらいお邪魔しておりますが。

福島:つい最近いついらっしゃいました?最近でいうと。

安住:9月ぐらいでしょうかね。

福島:あっ!本当に最近ですね。

安住:そうですね。

福島:何のお仕事で?

安住:その時は、今TBSで放送してます『ぴったんこカン・カン』のロケーションで来てますね。

福島:あっ、そうでしたか。
それに加えて、MBSにいらっしゃるのは本当に久しぶりと言いますか…

安住:そうですね。22年ぶりぐらいですか。

福島:22年ぶりというと、この社屋が建つ…

安住:そう!ものすごいピカピカしててね。

福島:あぁ~

安住:鏡で作った新社屋だなんて言われて。

福島:えぇ、もう自慢だったらしいですけどね。当時は。

安住:いえいえ、今もね。

福島:震災をなんとか耐え抜いて、この状態なんですけどね。
その時は何でいらしてたんですか?

安住:その時はちょうどこの仕事を始めてすぐの頃で、全国のアナウンサーが集まって研修をしますということでMBSさんが音頭を取ってくださいまして、その時に仲間たちと一緒に来て。
近藤(亨)くんとか、大八木(友之)くんとか。

福島:あぁ!

安住:北澤(咲弥花)さん、中村香菜ちゃん。

1997年MBS入社組
  • 大八木友之(おおやぎ ともゆき):現・JNNパリ支局の支局長
  • 近藤亨(こんどう とおる):現・MBSアナウンサー
  • 北澤咲弥花(きたざわ さやか):2000年同社退社、現在は医師
  • 中村香奈(なかむら かな):2005年にアナウンス室から経理局へ異動

福島:(笑)

安住:一緒に勉強したんですね。

福島:そうなんですか!何の勉強されたんですか?

安住:勉強の内容はあんまり覚えてないんですけども、MBSの偉い人に鶴橋の焼肉屋さん連れて行って貰って。

福島:そうでしたか。

安住:えぇ、嬉しかったですね。

民間放送発祥の地・MBS

福島:MBSの電波にお声が乗るっていうのは?

安住:いや、初めて!

福島:えっ、そうなんですか。

安住:すごく嬉しくて。

福島:喜んで頂いて(笑)

安住:いやいや、もうラジオ聴いている皆さんは知らないかもしれませんけども、民間放送の父。
放送の父バッハ・MBSですからねぇ。

福島:ハッハッハッ(笑)

安住:これ説明したほうがいいよ!福島くん、ちゃんと。

福島:そうですね。まぁ再三言ってはいるんですけど。
日本の民間放送が始まったのが昭和26年ですよね?

安住:そう!

福島:その時に、今の阪急百貨店の屋上に、「鳩小屋」というふうに呼ばれてましたけど、小さなスタジオを作ってそこから放送を始めたのが最初ということで。

安住:今も阪急の13階に記念碑みたいのがあるでしょ?

福島:小さいプレートが。よくご存知ですね。

安住:民間放送発祥の地、MBSね。

福島:CBC(中部日本放送)の前行くと、「民間放送第一声の地」っていう石碑みたいなのも立ってるんですけども。

安住:いいよね、この本家と元祖争い。

福島:ハッハッハ(笑)

安住:大阪・MBS、名古屋・CBCと。バッハとヘンデルみたいに言われてますよ。

福島:そうですね(笑)本当にまぁそういう歴史的に言えば確かにTBSより先には出来てはいますけど。

安住:そう。放送の歴史はやっぱり大阪スタートですからね。

福島:これ意外と知られてないですからね。

安住:いや、もちろんね「芸能の本家は大阪だ」って思ってらっしゃる関西の方、誇りに思ってる方多いと思いますが、放送・ラジオも発祥というかスタートは大阪ですからね。

福島:えぇ。

安住:えぇ~

福島:褒めて頂いてありがとうございます。きっと関西の皆さん喜んでいると思いますけど。

安住:気に入られようとしてるんだね。

福島:ハッハッハ。大阪での地盤を作ろうとしてるんですか(笑)?

安住:いえいえ。面白いよね、でもね。

福島:確かに仲悪くはないんですけどね。
CBCの石井亮次さんも去年来て頂きましたから。2時間ぐらいずっと喋ってましたね、石井さんも。

安住:そうですねぇ~

福島:あの時の放送聴かれたっていうふうに…

安住:ええ、聴きましたよ!

福島:あっ、そうでしたか。

安住:面白かったです。

福島:石井さん喜びますよ。

安住:ねぇ~~

福島:今、ほんと勢いずいてますから。

安住:(笑)

福島:(笑)
まぁ本当にこの局の垣根を飛び越えてと言いますか。同じ系列ということで仲良くしていこうというところもありましてなんですけども。

安住:そうですね。

二人の関係性

福島:安住さんと私の関係性、お聴きの方よく分かってない方もいらっしゃると思うんですが。
以前ですね、TBSで安住さんが担当してらっしゃる日曜日の朝に放送している番組がありまして。
日曜天国』という番組があって、そこで私が、夏休みを安住さんが取られるときに、ピンチヒッターとして行くということがありまして。

福島暢啓の「にち10」レビュー 【レビュー】『本当のピンチヒッター』 | 安住紳一郎の日曜天国(第565回)

安住:去年の10月7日。

福島:はい!

安住:ありがとうございました。

福島:私、10月7日はもう死ぬまで忘れないと思います。

安住:そう!?

福島:ええ!もうずっと学生時代から聴いていた番組でして。

安住:いえいえ。

福島:やっぱり安住さんに憧れたっていうのはものすごく大きいので。
私、だから今こうやって自分が放送局で働いて、目の前にその先輩がいて、放送をお正月からやっているっていうのはなんかね…もうゾクゾクします。

安住:いやいやいや、もう…

福島:本当に嬉しいんですけど。

安住次いってください。

福島:次(笑)?次ってどこですか?

安住:もうそのステップは超えましたよ。行きましょう、ね?

福島:そうですか(笑)
何で呼んで頂けたんですか?それをまだちゃんと聞いてないんですけど。

安住:福島くんね、まぁラジオを聴いている皆さんはなぜ「くん」付けなのかというふうに怒られるかもしれませんけども。あえてね、もう「福島くん」と今日は呼びますけども。

福島:えぇ。

安住:とても優秀だということは全国に轟いてまして。
ただね、なかなかテレビの方で注目されるよりも、たぶんラジオの方が先だろうと思いまして。
ラジオはね、それぞれの地方地方で番組組んでますから、あんまり全国ネットっていうものがないものですからね。
なので、ちょっと変わったやり方しないと全国の皆さんに福島くんのこと知ってもらえないだろうなと思ってちょっと変わった形で。

福島:はぁ。

安住:TBSラジオ、なんとなく全国放送のイメージありますが、ラジオだと一都六県中心になりますので。とりあえずは関東へのお披露目ということで…いいんじゃないすか?

福島:お披露目頂いたんですね、ありがとうございます。

安住:いやいや、びっくりしてましたよ、関東の皆さんは。

福島:そうですかね(笑)ビックリされるのもなんか不思議な感じなんですけど。これがずっと私7、8年この格好でやってるもんですから。
あんまりね、どういうふうに受け入れられるかなと思いながらやったところもあったんですけども。

安住:いや受け入れられた自負はあるんじゃない?

福島:どうでしょう…でもリスナーさんが増えたので。

安住:エゴサーチとかしてるんでしょ?

福島:めちゃくちゃしてます。

安住:結構褒められてたじゃない。

福島:はい。でもその一方で批判的な意見も増えたので…あれ以降。

安住:気にしないでよぉ~、そうなの?

福島:それを言ってる人を一生懸命追い回すっていうのをやってるんですけども(笑)

安住:10月にピンチヒッターやって以来「どうでした私?」っていうその人に感想を聞く期間が福島くん長いよ。

福島:あっそうですか?もう、不安でしょうがないくて。

安住:もういいよ(笑)

福島:だってご本人に聞けなかったから。

安住:あっ、そっかそっか、申し訳ない。
本当にありがとうございました。

福島:この番組というか、これは一応特番ですけども、元の番組『次は~新福島!』という番組はちょこちょこ聴いてくださってるんですかね?

安住:たまに、あの全部とは言えないんですけども。たまに時間が空いた時とか、気が向いた時に聴いてますよ。

福島:そうですか。それだけでも嬉しいんですけどね。
今日は反対に私が安住さんにいろいろお話伺えたらいいなと思いまして来て頂いたんですけども。

安住:いや~、そう?ごめんなさいねお正月に。同業者の新年会放送してるみたいな感じになっちゃうもんね。

福島:そうですね。でもラジオお聴きの皆さんたぶん安住さんのこと知らないって方はほどんどいらっしゃらないとは思いますけど。

安住:いやいや、そんなことはないと思いますよ。改めて、私の紹介を福島くんの口からお願いします。

福島:そんなにしっかりとやるつもりもないんですけど(笑)

安住:やってよ~。

《続く》福島アナによる安住アナの紹介へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。