月刊ポッドキャスト新聞4月号

【レビュー】『9月は暑い/サムい奴の特徴/「り」の意志とデコ丸出し』|タダしいyouに見える(第1553回)

「タダしいyouに見える」レビュー

テンプレ情報

  • タイトル:『9月は暑い/サムい奴の特徴/「り」の意志とデコ丸出し』
  • 放送回:第1553回 (5本目/11本録り中)
  • 公開日:2018-09-20
  • 収録日:2018-09-08
  • 長さ:13:08
  • メッセージ:なし

内容

タダシゲ:第1553回(略)。どうも、こんばんわタダシゲです。
マスダ:どうも、マスダです。“、”(テン)です。よろしくお願いします。

9月は暑い(OP~)

冒頭から暑がるタダシゲ。

:皆さんびっくりするでしょうが9月8日(収録日)ってなぁ、暑いねん・・・まだ
:いや~、まだましでしょう。クーラーなくてもいけるし。

以降、東京vs.茨木で、暑いvs.暑くないのやりとり。

タダシゲ的には年中冬でいいとのこと。マスダの嫁も同じことを言っていたとか。

サムい奴の特徴(02:05~)

暑さ寒さ論争から、話題はサムい奴の特徴へ。

マスダの姉の旦那がサムい奴らしい。マスダは結婚前から気づいていたという。

:ハワイの結婚式で誰にも求められていないのに、(姉を)お姫様抱っこしていた時からちょっとやばいなとは思っててんけど。

姉の旦那は、結婚前にはいいレストランに嫁を連れて行っていたが、今や外食と言えばすき家・並だという。

:ねぎ玉とかもあかんねんで。牛丼・並!(トッピングは)コスパが悪いから。

ねぎ玉にするんなら、並をテイクアウトして家で卵を落とせという徹底ぶり。

ただ、姉夫婦にも子供が生まれこの先変わることを期待。

姉はストレスで歯がすり減っていたというマスダの訴えを笑うタダシゲ。

:もう別れたらいいのに。
:大事!人を見る目は大事。気ぃつけなはれや。

ということで、次回メッセージテーマは『これやってる奴はサムい奴だ(ヤバいやつの特徴)』に決定した。

「り」の意志とデコ丸出し(06:00~)

メッセージテーマ決定の流れで、マスダが考える女版ヤバイやつの特徴へ。

:もしかして、あれちゃうか・・・うわぁ、あれや絶対そうや。

マスダが言わなくても何やら察するタダシゲ。2人の間の共通認識らしい、その特徴とは?

① 名前に「り」がつく女

② でこ丸出しの女

30年間生きた二人が共感するんなら、この特徴はあたっているに違いないという二人。

そして、タダシゲによるONE PIECEの「“D”の意志」をもじった、「“”の意志」の話へ。

:これマスダ君のせいなんすよ。名前みて、「“り”ついてるわぁ」と思って、ちょっと警戒してしまうんすよ。
:でも案の定やばいやろ?

その好例として、カリギュラ・シーズン2の第2話「人間火の鳥コンテスト」で、炎上経験者として出演した女性陣を紹介するタダシゲ。

:加藤紗、矢口真、須藤凛々花・・・「り」ついとるやん!みんな(笑)
:(「り」がつく女がヤバイ確率は)高いよな。

おじいちゃん

二人して納得の模様(笑)

“り”の意志を継ぐ者たち

マスダはタダシゲの彼女の名前に「り」が付いていないか気にする。更に、彼女のお母さんの名前まで波及。

身近な人を知らぬ間に傷つける可能性があるので、結局この話は人前でしてはいけないという結論に。

:ちなみに(彼女は)デコ出してない?大丈夫?
:出してないです。

タダシゲの彼女は、「り」がついていないし、デコも出していないのでマスダフィルターをひとまず通過。

最後に、デコ出しとはオールバックの意味だとタダシゲによる念押しで締め。

参考回
  • 第259回「就活の話。オールバックの女には気をつけな!!(グループディスカッションとかで)」
    マスダがデコ出し女を嫌う原点
  • 第349回「マスダの彼女を探せ後日談。堀北似の美人との出会い。」
    マスダが堀北真希似のり◯ちゃんとデート
  • 第631回「結婚式に友達を招きたい女。結婚相談する女。」
    デコ出し女について言及
  • 第708回「マスダの彼女の親友からのお誘い。」
    マスダによる、彼女の友人・りり◯ちゃんの解説
  • 第978回(後編)「【結婚式の話】披露宴の話。そして余興へ、、、後編。」
    マスダ、り◯かちゃんへ言及

感想

おじいちゃんは季節でいうと秋が好きじゃな。夏は嫌いじゃ。

それはさておき、マスダ姉の旦那サムいのぅ。釣った魚(ゲットした女)に餌をやらないのは日本人の特徴と言われているが、それでは夫婦は上手くいかんぞ。

そして「“り”の意志」のネーミングセンスよ(笑)

ただ、この話を人前でするのはいかんという結論に至った点は評価に値するぞ。さすがじゃ。

そういえば、おじいちゃんの昔の恋人にも、その意志を次ぐものがおってじゃな・・・

それはたいそうエロい女じゃった。

人の縁とは不思議なもので、ある特定の名前の女に縁深いという男の話はよく聞くのだよ。

 

終はり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。