【New】月刊ポッドキャスト新聞10月号

【NHK・ごごラジ!】 大阪から全国区!福島暢啓アナ出演まとめ【書き起こし】

NHKごごラジ! 福島暢啓アナ出演

これからのラジオ

神門:へぇ~~。そうやって(放送室の)中にいたような境遇で、今このラジオのマイクの前で喋っているという福島さん…

福島:ありがたい話です。

神門:ですけれども。
これからのラジオどういう風にしていきたいかっていう話を。
もう残りあと3分少々になって参りましたけれども。お話しましょうか。

福島:ええ。これね、迷ってるんです。
どうしたらいいんでしょうかね?これからのラジオはね。
ラジオ聴く人が減ってしまっている現状がありますので……
もうしょうがないのかな?っていう気もしてるんですけど。

神門:なんか数は減ってるっていうデータがあるんだけれども。

福島:そうそう。

神門:でも、今結びついてくださってる方っていうのは、ものすごく強い接着剤でくっついてると思うんですよね。

福島:そうですね。
でも、そこに甘えちゃうじゃないですか?我々はどうしても。
もうお客さんがしっかりといるから大丈夫だと思ってるんですけど。
でも、その強い接着剤も時間経つと風化しちゃうこともありますから。
これをまぁ出来るだけ今は繋ぎ止める。
で、さらにいっぱい糊塗って、いっぱいいろんな物くっつけていって、いろんな人に聴いて頂けるようにするっていうのを…どうやったらいいのかな?っていうのは…今31、8年目に今度なるぐらいなので。
まぁ模索しているところですね。迷って。
でもラジオ好きなので。
が出来ることはたぶん喋り続けることと、あとは企画を考えることかなと思っておりましてね。

神門:あのラジオドラマのスティーブ・ジョブズの話は、僕感動しましたね。

福島:あっ、そうですか?喜んで頂けました?

神門:喜びました、喜びました。

福島:あのミリ単位の編集ね。

神門:(笑)

福島:私と若手ディレクターと二人でね。
もう今詰めて編集しましたんで。あぁ、そうですか。

神門:いやぁ~、「放送は青春である」と。

福島:はい(笑)

神門:あのモットーっていうのは、本当に僕は…なんて言うんんですかね、今一応お金を頂いてプロフェッショナルとしてやってますけれども。
なんか放送部の、セコセコセコセコ作ってるっていうあの手作り感っていうのはやっぱりラジオって大事にしたほうがいいのかなっていう風に思うんですよね。

福島:そうそうそう。

神門:いかがですか?福島さん。

福島:そう思います。
滅茶苦茶上手な放送部になればいいんだと思うんですよね。

神門:あぁ~。分かります、分かります。

福島:そこを忘れないようにする……あっ、これにしましょう。

「滅茶苦茶上手な放送部を目指します」

神門:はい。繰り返します。

三人:「滅茶苦茶上手な放送部を目指します」

神門:揃ってなかったけど(笑)
大丈夫だと思います。

福島:ハハハハ(笑)

石垣:目指していこう!

神門:今日たくさんね、リスナーの方からも「楽しい、楽しい」ってゆる子さんなんかもツイート頂いておりますけども。

福島:ゆる子さん。はい。

神門:ラテ兼営ですよね、MBS。

MEMO

ラテ兼営

同一の者がラジオ放送を行う放送局とテレビジョン放送を行う放送局の両者を開設すること。またはその事業者、すなわち放送事業者をいう。

福島:MBSはラテ兼営局です。はい、(AM)1179、FM906。

神門:テレビは?

福島:4チャンネルです、関西ですと。

神門:テレビとラジオ。テレビも出てますが…どっちが好きですか?

福島:あぁ~……これはね、ラジオに……ラジオですよ、そりゃ。楽しいのは。
でもね、やっぱりテレビ出ないと聴いてもらえないんですよね。

神門:この前、亀井希生さんが同じことをおっしゃってましたよ。

福島:あぁ、そうですか。よく聴いてますねぇ。

神門:聴いてます、聴いてます。
「福島くんはちゃんとテレビに出て、地位を確立して、そうするとやりたいことがラジオで出来るんだ」っておっしゃってましたよ。

福島:そうだ。それやろうと思って。

神門:そうですか。

福島:うんうん、はい。両輪で頑張っていこうかなと思っております。

神門:テレビだとね、全国ネットで福島さんの顔も見られますんで。

福島:そうですね。
土曜日の朝8時からやっております『サタデープラス』という番組に出ておりますので、是非ご覧頂きたいと思います。

神門:あぁ、最後ナイスアシストしちゃった(笑)

石垣:ハハハハ(笑)

神門:ということでお時間でございます。

福島:あぁ!もう終わりですか?

神門:今日は大阪からありがとうございました。

福島:すみません。自分のことばかり。

神門:いえいえ。MBS毎日放送、福島暢啓さんでした。
ありがとうございました。

石垣:ありがとうございました。

福島:ありがとうございました。

神門:この後3時台は、この年末年始あなたは何をしていましたか?
じゃんじゃん電話をかけて聞きますので。
どうぞ電話番号を書いてメールをお送りください。
2時55分になりますっ!


この後3時台スタートのキュー出しを行った福島アナ。


神門:喋り手の気持ちがよく分かってるキューでしたね。
「まだ喋るなよ、まだ喋るなよ」
そして、ゆっくりとキュー!

〈おわり〉

感想

運動嫌いがきっかけで喋りの道へ意図せず進み、己の天職に出会ったのだとすれば、いやはや人生とは本当に何が起こるかわからないもの。

とは言え、時を経て突き抜ける人に共通することは学生の頃からどこか、そして大いにおかしかったということかのう。

JNN・JRN系のアナウンサーを導くこと、ラジオの復興と彼の双肩にかかる荷は重い。

30代も七三を乱さず突っ走って頂きたい。

関連ツイートまとめ

出演回の関連ツイートをモーメントにまとめましだぞ。
よろしければご覧あれ。


おじいちゃん

記事へのご感想はハッシュタグ #じいポレ を付けてツイートしてちょ❤

 

終はり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。