【New】月刊ポッドキャスト新聞10月号

【レビュー】朝食バイキング勝利の法則編①|マキタスポーツ食道(番外編4)

『マキタスポーツ食道』

テンプレ情報

  • 配信タイトル:『朝食バイキング勝利の法則編』
  • 配信回:番外編第4回
  • 放送日:***
  • 配信日:2018-08-17
  • 長さ:9:31
  • オンエア曲:***

こんちわ。おじいちゃん(@podogchan)です。

夏の間のポッドキャスト限定の番外編。
駅弁編を終え、今回のテーマは「朝食バイキング」。


では早速スタート。

内容

マキタ:寿司とか焼肉とかも、昔は量食べれればいいみたいな感じだったんだけど。
自分の方程式というか、勝ちパターンがあったら教えていただきたいなと。

スタッフ:勝ちパターン(笑)?

マキタ:勝ちパターンみたいなものが組み立てとしてあると思うんですよね。
女性とかも胃袋のキャパシティーがないから、そんなに肉いかなくても、前半/中盤/後半でどういう組み立てでいくのがいいのかとか。
あと、まぁビュッフェ、朝食バイキングとかもまさに組み立てがあると思いますから。

スタッフ:バイキングはなんで何歳になっても食べきれない量を取ってしまうか問題っていうのはありますよね。
いっつもそうなんだよな…取ってる時は食べれる気がするけどね。

マキタ:僕は数々の失敗をしてますよ。
でも螺旋状に良くなってきてる(笑)

スタッフ:上手くなるもんなんですか?

マキタ:直線的には良くはなってなくて、緩やかに螺旋状に良くなってきてるって感じは自分のなかであって。
それは、歳もだんだん取ってきて、朝食バイキングでいうと朝いきなりそんなに腹が減ってないって問題がある。
だから割と落ち着いてる。
ただ、貧乏根性出して、すごい豊富なビュッフェになってるときあるでしょ?
いろんなものとかが置いてあって、しかもそれが結構綺羅びやかな照りがあってね。
最近だと結構当たり前だけど、オムレツとか作ってくれるじゃん。リアルタイム・オムレツ。
ああいうの絶対食べたくなるじゃん。

スタッフ♀:絶対頼みます。

マキタ:卵の量多いでしょ?
スクランブルエッグ普通にあるし、だし巻き卵もあるし、こっちのほうでリアルタイム・オムレツもあるし。
ゆで卵、半熟卵、温泉卵。
「卵全部いきてぇーよっ!!」みたいな感じになったりするじゃないですか。
卵煩悩がすごいから。

朝食バイキングでカレーはいっちゃダメ!

バイキングのカレー

スタッフ:卵煩悩(笑)
その上、カレーとかあったりするでしょ?
カレーどうしたらいいですか、あれ。
カレーでお腹いっぱいになるじゃないですか。

マキタカレーはね、いっちゃダメ。
絶対にいっちゃダメ。
カレーで終わるから、全部。

スタッフ:バイキングにおけるカレー問題はちょっと…

マキタ:カレーと、例えば沖縄のホテルに泊まったときにソーキそばのコーナーがあったりする。
最初に汁の麺とかのものを頂いちゃうと、やっぱり汁物頂くと人間ってほっとしちゃうから。
それでもうお終いになるのよ。

スタッフ:そう、順番があるな…

セクシーJ:そう、だから菜っ葉のお浸しのようなものがあった、蕎麦があった。
「あっ、これはいいや」と思ってアレンジして蕎麦に乗っけたりとか。
あと、肉豆腐みたいな油をかけて肉蕎麦みたいにしたときにはもう遅いんですよ。
腹がいっぱいだから。

マキタ:そうそう。だからそれやってるときにはある程度余裕があるからなんだよ。
だけどお腹は結構満たされちゃってる。
でもそれを最初にやっちゃうと他のもの食べられなくなっちゃう。

セクシーJ:そうなんです。

マキタ:だから、とりあえず態度としては…ごめんね、女性の話も聴くけど。
男たちはどうしよもねぇ、相変わらず馬鹿だから、光が灯ってるところにガーっていっちゃうのよ。
それで死ぬのよ。虫と同じで。
だいたいそういう明かりの強いところにまずいって、ほとんど死ぬの。

セクシーJ:油のテカりの強い。

マキタ:だけど僕が一番自分で今考えてる方法は、まず一回周るってこと。
落ち着いて。

スタッフ:あぁ、なるほど。

マキタ:出来うることなら、コーヒーかなんか片手に持って。
「ほぉ~」とかって言いながら。

スタッフ:「余裕」ね。

マキタ:余裕を持って、「へぇ~こんなラインナップかい」という感じで見るんですよ。
今この状況は、みたいな。
で、コーヒー飲むだけで割と落ち着くじゃないですか。
その状態を作ってから、「さぁ、勝負だ!」っていう感じにする。

スタッフ:そうか…そこで組み立てなきゃいけないわけですね、戦い方を。

マキタ:そう。
全部を取り切れないわけだから、最初にこれとこれを中心にやるぞってときに、オススメのやり方はとりあえず一周。
なおかつ、コーヒーかなんか飲みながら。

セクシーJ:そうなんです。

スタッフ:はぁ、それにまだ辿り着いてないっすわ。

マキタ:俺だってやだよ。
俺も闇雲に…そんなバードビューでいきたくないんだよ。
どっちかっていうと、虫の目でいきたい。
もう「こんなもんあんのか!?」なんて。

セクシーJ:「春巻きだ!」と思ったら春巻き取っちゃう。

マキタ:そうそう。
「ウィンナーだ!」つって。

スタッフ:「無くなるかもしれない!今とらなきゃ」

マキタ:wwww
どっちかっていうとそっちの方がいいわけですよ。
だけど、一応俯瞰してやらないとろくな目に遭わないというか。
だから朝食ビュッフェではしゃぎすぎると、昼飯も食べられなくなったり、全体の旅の予定が全部おかしくなっちゃう。

セクシーJ:昼、名物食べに行くのにまだスクランブルエッグが残ってるみたいな。

マキタ:全然残ってる。
ベーコンとかに引っ張られすぎなんだよ。
ベーコンが何重にもなってると、あれ見るだけで「あぁ、またこれいきてぇな」って。

セクシーJ:僕がたべてあげなきゃって思うんですよ。

マキタ:危なっかしいよね、あれ。

スタッフ:あのパターンと、すごいカリカリなパターンと。

マキタ:あぁ、カリカリなパターンもあるね。
ちょっと柔らかい木だったら切れそうなやつな。
すげぇやつがあるよな。
……どうですか?こういうアホな男のバイキングに懸ける思いというか。
女性はどうしてますか?
落ち着いてるよ、女性はだいたいは。

女性のバイキング

スタッフ♀:私は割と他の人の見てたりするんですけど。

マキタ:他の人の見てる?

スタッフ♀:なんか「この人、無茶してるな」みたいな。

男一同:wwwwww

スタッフ:「あのおじさん取りすぎてる」

マキタ:「間違うぞ、間違うぞ、間違うぞ」つって(笑)

スタッフ♀:でもちゃんと食べてる人もいるから、「あっ、大丈夫なんだな」と思って。
女の人でもたまに絶対無理っていう量を…

マキタ:いってる人いるよね。

スタッフ♀:私自身はさっきマキタさんがおっしゃったように、まず一通り見るんですよ。
見て、ここは和食が強いとか洋食が強いとか。そこで決めるんです。

マキタ:和か、洋かで。

スタッフ♀:基本的には私は和なんですけど。
そこで決めて、オムレツを作ってる人がいたらその人を軸に卵は考える。

マキタ:ちゃんとしてるわ、設計!
ちゃんと自分でそういう脚本が書けるってことでしょ。
(男は)闇雲に量を推して生きてるだけなので(笑)

スタッフ:和と洋を選べないときってあるじゃないですか。
朝ごはんとかも、パンを食べたいんだけど、この味噌汁美味そうみたいな。

マキタ:それあるよ。

スタッフ:で、両方ともいってよくわかんないみたいな。

マキタ:そうだね。
コーンポタージュと味噌汁が並んでるっていう異様な光景を作ったりすることあるよね。

スタッフ:あるなぁ~

マキタ:だいたいその人は馬鹿に見える(笑)

スタッフ:wwww

マキタ:でもいいんだよ。
俺はそういう馬鹿なやつがすきだから。
でも食べきれないっていうのは切ないね。

スタッフ:切ないなぁ~

マキタ:そう、親父とかでもさぁ、スープも味噌汁も納豆もゼリーもみたいなやついるだろ。
「お前、ゼリー食うの?これ。辿り着けるの、そこまで?」みたいな。
アホな親父とかいるよ、相変わらず。

セクシーJ:あと、牛乳とオレンジジュースも美味しいそうに見えるんですよ。
腹ガッポガポなのに牛乳飲んでるんですよね。

マキタ:どうですか?

スタッフ♀②:10代の頃は気にせず取りにいったんですけど、その頃の食欲よりはピークが落ちてるので、全体にどんなのがあるかチェックしつつ取りにいってます。

マキタ:ちょと、それは何?学校で教えてもらうの?
ほら、あったじゃないですか。
我々(男)がどっかで遊んでなさいって間に、暗幕敷かれた部屋で何か女性だけ教えてもらってるときあったじゃん。

スタッフ:ありました。ありました。

マキタ:そのときに「まず見なさい」と。
「男と朝食バイキングはとりあえず見なさい」と。
みたいなことを教えられてたの?小学校3、4年くらいだと思うんだけど。

スタッフ♀:最初は失敗するんですよ。
ほんとに順番通りにいって「あっ、オムレツ作ってたのに卵たくさん取っちゃった」みたいなことがあって。
それが悔しいんですよね。

スタッフ♀②:食べたかったのに食べれないってなって。

マキタ:その悔しさがすごく残ってるんだ?
だから次は絶対失敗しないぞと。
学習能力だね。

スタッフ:そういう話でしたね。

マキタ:みんな馬鹿の話しかしてねーじゃねぇか(笑)

次回へつづく》

感想

番外編、朝食バイキング編。

おじいちゃんは専ら和食党だが、リアルタイムオムレツとクロワッサンがあれば一個だけ頂いちゃう。
オムレツはプレーンで。

バイキングのカレーにはいってはいけないことは『日曜天国』の安住アナから学習済みだったが、賢者は同じ結論に至るようだ。
「バイキングのカレーは見つけたときがピーク」

関連:安住紳一郎アナが朝食バイキングを語る
「にち10」レビュー 【レビュー】『朝食バイキングへの臨み方』|安住紳一郎の日曜天国(第415回)

本文中でも言及されていたが、旅行なら現地の名物を食すことが醍醐味であるので朝食を食べ過ぎることは厳禁である。
朝食バイキングでは自制心が試されている。

 

終はり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。