【New】月刊ポッドキャスト新聞5月号

【レビュー】『コンビニ横グルメ事情』|マキタスポーツ食道(第4回)

『マキタスポーツ食道』

テンプレ情報

  • 配信タイトル:『今回のテーマは「コンビニレジ横グルメ事情」マキタ節炸裂!』
  • 配信回:第4回
  • 放送日:2018-05-20(19:20-19:40)
  • 配信日:2018-05-20
  • 長さ:14:56
  • オンエア曲:抱けないあの娘   ユニコーン

内容

マキタスポーツ:こんばんわ、マキタスポーツです。
この番組は映画館で食べるポップコーン、相撲観戦しながら食べる焼き鳥、球場で飲むビールなど、食にまつわるあらゆることをテーマに語っていきます。

今回のテーマは、前回(429日放送)メールを紹介した神奈川県のラジオネーム「ドロイド」さんのリクエストにお応えして、「コンビニ横グルメ事情」

コンビニに行くとレジ横にある揚げ物、コンビニ横グルメ事情についていつもどのように楽しんでいますか?
また最近発見したコンビニ横食品でのおすすめがあれば教えてください。

マキタ:“コンビニ横”っていう事情があるんですかね(笑)ホットフードってことかな?勿論(おすすめは)あります。

マキタスポーツの好きなコンビ横グルメ

(1:07~)

マキタ:そんな事情を気にしているのは、当番組およびメールを送ってくれた方だけなのか?いやいやそんなことはありません。
「コンビニ横グルメ事情」っていうのは皆さんあるでしょ!コンビニのレジ横に胸をワクワクさせてくれるものってあるわけじゃないですか。
僕なんかいろんなコンビニに行きますよ。家の近所にあるのがよりによってミニストップ。いいでしょ?希少価値があるというか、見つけただけで「あぁっ!」ってなる。イートインができるでしょ。午前中のミニストップはやばいっすよ。だいたい爺婆がいますからね。長くぺちゃくちゃ喋りながらやってますよ。
それで、ミニストップからちょこっと離れたところにあるのがファミリーマート。ファミリーマート増殖中です。とにかく凄いでしょ(笑)あれは一時期のブルーギルみたいにとにかく増え続けてるって感じがしますよね。でも良からぬ外来種扱いではなく、僕はファミリーマート大好きですね。
それからやはり草分けと言われているセブンイレブンも近くにありますね。セブンイレブンの冷凍食品、レトルト系のものとか、とにかくクオリティーが高い。金のシリーズね。あとセブンブランドのスナック菓子にしても色んなもの全部美味しいね。
あと僕はやっぱりローソンなんですよ!何ですか、あの出で立ち?スッキリとしやがって、この!青いな。青いってブランドイメージが何ともいいじゃないですか。

マキタ:まぁ、僕はいろんなホットフード食べてますよ。サンクス、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ。
ミニストップのベルギーポテトって食べたことお有り?あの食感やばいね。ちょっと味付けが濃いけど美味しいよ。口の中がしょっぱくなり過ぎたらどうするか知ってる?ソフトクリーム舐める。ミニストップのソフトクリームのミルキーさ!あれ美味いね。ちょっとミニストップ愛が爆発してるけど。
もう一つミニストップでいうと、ホットフードから離れていい?どうなの?ミニストップのおにぎりの数。種類が馬鹿みたいに多いでしょ。でも楽しいよね。みんな子供がアイデア考えたみたいなおにぎり。いろんな奇天烈なやつあるでしょ。「これ誰が食べてるんだろ?」みたいな。まぁ、ミニストップはとりあえずいい。

ローソンのホットフード事情

(4:40~)

マキタ:僕はローソンの串焼きシリーズ、あれが好きでねぇ~。あの鶏皮!皆さん食べたことお有り?タレがとにかく濃厚なんですよ。
そしたらこの番組が始まる前に当番組のAD君が
(AD)「あれ実は揚げてるんですよ」
マジかと。「なんで君そんなこと知ってんだよ?」と。
(AD)「あの私実は昔ローソンでバイトしてました」
いたよ!青い彗星いたよ!いたね~と思って。嬉しかったね。あれ実は揚げてるんですって!ローソンのレジ横にある串焼きシリーズ。
僕は、普通の濃厚な焼き鳥が刺さってるものと皮とかを、勿論その場で頂くのも好きなんですけど、家に持って帰っちゃうね。でバラしちゃうね。で卵で溶いちゃうわけ。あれ濃厚だからすげぇ出汁が出てんのよ。勿論調子に乗ってるときは玉ねぎとか刻んで、ちょっと割り下垂らして、それに焼き鳥をバラしたものを入れて卵で溶いちゃうっていう、なんていうんですか?ラグジュアリー感。ラグジュアリー・ローソン。もう換骨奪胎して、自分で構築し直すということですね。それで丼にする。そうすると、香ばしさとジューシーさもありますしね。とにかく味の奥行きが演出されたりしてね。それが出来るのも濃厚さがあるからなんですよ。
あとやっぱりローソンといえば、ヒット商品の「からあげクン」!あれ美味いな~。とにかく僕から言えることは「あの肉は何?」ってことを問わないで。考えちゃだめなの、感じるものなの、ローソンのからあげクンっていうのは。「Don’t think! Feel.」なんですよ、ブルース・リーも言ったでしょ。
「ローソンのからあげクンというのは、考えるな。感じろ」ってことですよ。

ローソン串焼きシリーズ
via ニッポン放送


(♪ユニコーン『抱けないあの娘』)

(7:25~)

マキタ:懐かしい曲なんですけど。これ、付き合ってた女の子がどんどん太っていってしまうという内容の歌なんですけど、非常にコミカル、ユーモラスでユニコーンのエッセンスが詰まっていて僕大好きなんですけど。
やっぱり油ものを食べすぎると、太っていってしまうという問題もありますからあえてかけさせていただきました。

ファミリーマートのホットフード事情

(7:48~)

マキタ:ローソンのお話をしてきましたけど、今度はファミリーマートについて。
あそこはファミチキという大ヒット商品をね、だからコンビニのホットフード事情というのはファミチキ以前・以降で別れているといってもいいんじゃないでしょうか?
同業他社は「あのファミチキと似たようなものを作れ」って大号令がかかったんじゃないですか?それで似たような類似品はいっぱい出回りましたけど、やっぱりファミチキは凄かったね。あの油はどこから、そしていつまで出続けるんだってくらい、噛んだあとにドロっと出てくるじゃないですか。「えーいっ!」ってファミチキの妖精たちが流れ出てくるね。あれ凄いね。
「どこの部位なんだ?」ってことは問うちゃダメ。とにかく味わう。感じることなんです。

ちょっと脱線。

マキタ:ちょっと言い忘れた、ごめんなさい。話とにかく溢れ出すから。僕自体がジューシーになっちゃってるんで。
あのローソンの骨付きチキン。あれは凄いよね。あれ食べてるとき、俺の心の中は原始人みたいな気分になったっていうかね。かじりついてるとき体内のプリミティブな、「野生」みたいなものがほとばしる。そんな気分を演出してくれるあのあの骨付きチキンも美味い。まぁそれは置いておきましょう。

ファミマに復線。

マキタ:ファミリーマートといえば、僕はコロッケ。これが好きなんですよ。
これも僕の癖なんですけど。コロッケを買うと店員が「ソースをおつけしますか?」って必ず聞いてくださるんですよ。でも「いらないよ」と。僕はプレーンで頂きたいから。
で、おにぎりあるでしょ。海苔巻く、古式ゆかしいあのスタイルのやつで、最初から巻かれてるやつじゃなくて。僕は本当に保守的な男でもあるのでシーチキンのやつね。
あれをコロッケ食べて、おにぎりガブっと食って、コロッケ食べて、おにぎりガブっと食うっていう。飲み物をその間飲まないで、軽い窒息状態を作るんですよ(笑)
これが・・・これが皆さん!ごめんね、俺もう恥を偲んで申し上げてる。公共の電波ですけど。そのちょっと軽い窒息状態を作るのが僕大好きなんですよ。
僕いろんなところで試してるんです。
セブンイレブンのコロッケ、美味しいです。勿論ローソンも美味しいです。
だけど、ファミリーマートのコロッケの粘度っていうんですか?あの粘度が一番僕の口腔内、そして喉のあたりの窒息感の演出に一番向いているやつなんですよ。車好きの人だったら、タイヤとかで足回りとか全然違ったりするっていうのと同じですよ。
僕はあの窒息感を・・・いいでしょ(笑)ゴルフだって握りとか、シャフトの感じとかって自分の癖とか出てくるじゃん。俺なに顔を真赤にして必死に熱弁してるんだ(笑)
なんかね、得も言われぬ快楽があるんですけど。それをゴクっと飲み込む前に割と冷たいお茶とか水とかで、流し込むんです。そうすると本当にウィってなるんですね。僕のなかでウィっという現象でいってるんですけど、このウィーというのが何ともいえないんですよ。
是非とも皆さん、特におすすめしませんけど、もし興味のお有りの方はその軽い窒息状態の楽しさに手を出してみたらいいんじゃないでしょうか?

ファミコロ
via ファミリーマート

お便り

(12:42~)

マキタ:メールが結構届いてるんですよね。

RN:アイスミイカ(?)さん

カレー何回か外で食べましたが、やっぱり家カレーが落ち着きますよね。
子供の頃よく食べていたおやつは幼稚園の帰り道にある駄菓子屋のもんじゃや心太(ところてん)とかが良かった。

マキタ:心太とかはいいですね、暖かくなってくると。

RN:青空がちがう

焼きそばバゴォーン」、マキタさんご存知でしょうか?

マキタ:知ってるに決まってるじゃないですか!捨てるお湯でスープを作るやつでしょ?

RN:ザウチの星

5月6日はコロッケの日ですね。
※五(こ)六(ろ)の語呂合せから、株式会社「味のちぬや」が制定。

マキタ:知らなかった。
コロッケの問題って、コロッケそばとかさ、いろいろありますからね。コロッケのこともいろんなこと語らなくちゃいけない。
カップ麺事情もいろいろ語らなくちゃいけない。

✉:makita@1242.com

Twitter @makishoku

感想

ニッチすぎる食の事情。

近年めざましく充実している印象がある。ソーセージ系、唐揚げ系、焼き鳥・串系、コロッケ、フライ、ポテトなどなど。
ホットスナックの位置づけとしてはその場で買ってつまむというこれまでのものから、スーパーの惣菜のように夕食のおかずの一品というところまで進化しているように思う。下の写真など正にそのもの。おそらく、日本の単身家計の増加などいろいろな事情を反映してのコンビニの戦略だと思われる。

セブンイレブン 揚げ物
via セブンイレブン

ちなみにホットスナックの厳密な定義は調べてもよくわからなかったが、どうやら肉まんやおでんとは区別している企業が多く、今回番組紹介されていた揚げ物惣菜を中心としたものを呼ぶ言葉のようじゃ。
(※肉まん、おでんともに後日の回で取り上げられている模様。)

コンビニ横で手が伸びるものといえばこれから寒くなる時期には中華まんの類だがそれは後日に。
おじいちゃんの場合、今回のホットスナック事情に関して言えば歳を重ねるにつれあまり手が伸びなくなった。油が凄いんじゃ・・・
しかし、そのなかでもついつい食べたくなってしまうのがアメリカンドッグ。カリッとしたほんのり甘い衣で包まれた魚肉ソーセージに、ワンプッシュで出るケチャップ&マスタードをかけて食す(ちなみにディスペンパックというこの容器を考えた人は天才だと思っている)。お供の飲み物は専らコーラ。これは時々無性に食べたくなる。

アメリカンドッグ

最後に、コンビニの焼き鳥で親子丼もどきを作る人なんて正直日本に数えるくらいしかいないと思う。
そして、コロッケとおにぎりで軽い窒息状態を楽しむという変態はマキタ師匠しかいない。

 

終はり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。