【New】月刊ポッドキャスト新聞7月号

【書き起こし】元旦特番 MBSラジオ『次は~新福島!』 安住紳一郎✕福島暢啓 新春スペシャル対談【3万字】

新春パイセンSP!安住紳一郎とガチ対談!

安住アナの生い立ち

北海道帯広市
via occi.or.jp

福島:安住さんTBS入られたのはいつ頃ですか?

安住:1997年、平成9年。

福島:何年目ですか?

安住:22年目。

福島:22年目…あっ!じゃあさっきの22年前っていうのは本当に入社1年目の年っていうことですね。

安住:そう!

福島:その時は大学卒業されてアナウンサーになるわけですけど、もっと前に遡るともともと放送業界は志してらっしゃったんですよね?

安住:いや、もともとは学校の先生になりたくてずっと勉強してたんですよね。
ところが、私の頃は就職氷河期、就職超氷河期で教職の採用がなかったんですよね。

福島:あぁ~

安住:それで、学校の先生としての募集がないってなって、「困ったな」と思って。
そしたら、1対多数、学校の先生だとまぁ1対30とか1対40のコミュニケーションになるんでマスコミュニケーションが形態としては似てるかなと思って、それで志望を変えて放送局に就職っていうことにしました。

福島:へぇ~。まぁ先生に近いものがあるなと思ったわけですか?

安住:そうですね。やり方は近いかなと思って。

福島:多数に対して喋るのが好きだってことですか?

安住:そうですね。まぁ小学…私は中学校と高校の国語の先生になりたかったんですけど。
まぁ40人だともうちょっとあれですね、1対1に近いコミュニケーションになって、1対400くらいになるともうちょっと芝居がかってないといけないんだけれど。

福島:はい。

安住:学校の先生になるための授業やってる時から、「安住くんはちょっと1対40よりも1対300ぐらいの感じで授業やりがちだから注意して」っていうふうには言われてたんで。

福島:へぇ~

安住:逆に放送局に行ったらそれが強みになるかなっていうふうには感じてました。

福島:あっ!そうなんですか。

安住:ちょっと話大げさにしたりね、嘘があったりとかするんだけど。

福島:それ良くないでしょ、でも(笑)嘘があったりするっていうのは。

安住:ちょっと大げさにしちゃうっていうのが、学校の先生になろうとしてる時から注意されてた。

福島:あぁそうだったんですか。文学部ですよね?大学時代。

安住:そうです。

福島:それは何か特定のものを勉強しようと思ったところがあるんですか?その前からやっぱり先生を目指していたから?

安住:もともと学校に入るのも厳しい時代だったんで、国語の点数が良くて国語の先生に褒められたっていうこともあって、もともと日本文学科ってことに進んだんですけど。あんまり勉強はノッてはやってなかったので。

福島:日記文学か何かやってらっしゃったっていう。

安住:そうですね。近世の日記文学、あとは井原西鶴…あっ、大阪ですね。

福島:あぁ~近世文学だったんですか、ご専門は。

安住:『世間胸算用』、『好色一代男』(笑)

福島:そういうのをやってらしたんですね。

安住:勉強してました。

福島:そうですか。卒業論文のテーマは何ですか?

安住:卒業論文は「『世間胸算用』にみる庶民の年末への思い」っていう。

福島:はぁ~、それどういう結論が出たんですか?

安住:結局でも、あの時代の文学っていうのは研究され尽くしてるんでさほどあまり新しい、新基軸の研究が出来るはずもなく…早稲田大学の国文の神保先生の論文を丸写ししました。

福島:wwwww

安住:当時はまだ許されてましたからね(笑)許されてないか。

福島:紙の束になってればそれでいいやっていうところがあるんですかね?

安住:そうそう。

福島:へぇ~そうでしたか。
でも学校の先生を目指したのはその前ですよね?もっともっと遡った段階ですよね。小学生、中学生ぐらいの時ですか?

安住:学校の先生になろうと思ったのは就職の段階ですね。

福島:そうでしたか。
それまではどんな少年時代だったんですか?

安住:どうだろう。う~ん、あんまり明るくなくて、斜に構えてて、何かちょっと目的意識を失ってブラリブラリしてるっていうような感じですかね。

福島:ほぉ~、クラスではじゃあちょっと、う…(浮き気味と言おうとした?)
でもあれですよね?生徒会長とかやってましたよね。

安住:あっ、そう。私は2歳上に姉がいて、早智子(サチコ)っていうんですけど。
早智子がすごく快活で、親戚なんかでよく「安住さんとこのお子さんが放送局で仕事してるんだよね」って言うと、だいたい「あっ、早智子ちゃんでしょ?」っていうふうに言われるくらいくらい、どちらかというと姉の方が明るくて、そして皆の前でにこやかにしてるっていう…そういう姉がいて。その姉に対する反動で私が出来上がってるもので。

福島:はい。

安住:なんとなく姉が明るく親戚とかと話してると、俺がなんか横で「死ねば」みないな。

福島:(笑)

安住:そういう「早く帰りなよ」みないな悪態をつく、おねえちゃんとの対比で目立ちたくてね、そういう子供だったんですね。

福島:光に対して影となったという。

安住:そう!

福島:相当でも放送好きではあったんでしょ?放送というかテレビっ子。

安住:そうね。姉がテレビっ子だったんで、おねえちゃんが憧れてたものを自分が手に入れたいっていう、そういうところもあったかもしれない。

テレビの思い出

福島:あぁそうですか。どんなテレビ見てました?

安住:小さい時は本当にテレビは何でも好きで。
今はEテレって言いますけども教育テレビも見ますし、あと大相撲中継も見てましたね。

福島:はぁ~

安住:あと高校野球中継も見てました。

福島:今でもお好きですよね。

安住:もうNHKの3大聖域と言われてますね。大相撲中継、国会中継、高校野球中継。大好きですよ。

福島:(笑)国会中継も好きなんですね。

安住:国会中継も好き。

福島:国会中継は何を見るんですか?

安住:なんかこう、決められた範疇の中で工夫をしようとしてるスタッフと技術スタッフが毎回何かを超えようとして超えられない感じ。

福島:www国会中継をその視点で見てる人はあんまり…

安住:そう?

福島:いますかね?

安住:なんか新たなものを取り入れようとして失敗している議員や放送局スタッフが死屍累々じゃない?

福島:皆負けていく感じが(笑)それを見てがんばれじゃないけど、これもダメだったかっていうのを見るっていうことですか。

安住:そう。

福島:そういう見方するようになったのはいつ頃からですか?

安住:高校野球中継とかをスコアブックつけながら小学校のときには見てて、既にもう野球選手ではなくて放送する側にまわりたいなという風には考えてましたね。

福島:早いですね!アナウンスメントにはその時は興味なかったんですか?

安住:当時はアナウンサーも解説者も区別ついてないと思うんで。

福島:喋ってる人っていうので?

安住:うん、カメラマンもたぶん区別ついてないと思う。たぶん「テレビの人」とか「ラジオの人」っていうふうに思ってたかもね。

ラジオの思い出

木村洋二アナウンサー
木村洋二アナウンサー | via toyo.ac.jp

福島:そうですか。ラジオも聴いてました?

安住:ラジオもね、聴いてました。

福島:どんな番組が流れたんですか?

安住:私は北海道で18歳まで育ったので、北海道だとHBCラジオSTVラジオと2つの放送局が強いんですけども、HBCに『ベストテンほっかいどう』っていうのがあって、ラジオ番組で。あとはSTVではネットで『全日本歌謡選抜』っていうのがあったんですが。これは全国でもたぶんネットで流れていると思いますけど、その2つ。
あとはSTVに木村洋二アナウンサーっていう、今59歳の方がいらっしゃって。その方が地方局なんでアナウンサーが深夜のラジオ番組やってたりするんですよね。
で、まぁ『パックインミュージック』とか『セイ!ヤング』とか、MBSで『ヤングタウン』ですけども、ああいう感じで北海道で『アタックヤング』っていう絶大な人気を誇る若者向け深夜番組があって。『木村洋二のアタックヤング』っていうのがあったんですが。それをアナウンサーの人が喋ってて面白いなと思って聴いてましたね。

福島:その面白さってどういうジャンルの面白さなんですか?

安住:それはね、木村洋二さんの面白さはね、たぶん私とか福島くんがやってるのと同じことだと思う。

福島:えっ?「私とか福島くんがやってるの」ってどういう面白さですかね(笑)?

安住:なんか普段は暗いんだけども頑張って人前に出て、なんとか面白くしようとしている放送局サラリーマン芸!

福島:あぁ~なるほど。そこが源流なんですか?

安住:そう。

福島:私は安住さんを通してしかそれを知らなかったものですから。これあんまり聴いてる人は「はいはい」ってなってるかどうか分かりませんけど(笑)北海道の放送局の芸が流れ込んで来てるんですね。

安住:そうですね。そうかな?

福島:はぁ~、その人はどこからやったんだろう?でも自然とそうなっていったんでしょうね。

安住:そうですね。

福島:その方は今どうしてらっしゃるんでしょうね?

安住:今59歳でSTVにいらっしゃって、北海道ではもう木村洋二さんって言うと皆「あぁ、木村洋二さん、木村洋二さん」って。大泉洋さんと番組やってるような。

福島:へぇ~。

安住:北海道のスターですね。

《続く》古舘伊知郎、久米宏など安住紳一郎アナが影響を受けた人

1 COMMENT

匿名希望

この回、濃かったですね。とても面白かった。そして今日はこのラジオがヤバイの特番ですね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。