当ブログをご紹介いただいたPodcast番組

【レビュー】タダしいyouに見える『開始当初の楽しさ/ゲーム開発の仕事/皮膚収集癖/急に帰る女』(第1575回)

「タダしいyouに見える」レビュー

テンプレ情報

  • タイトル:『開始当初の楽しさ/ゲーム開発の仕事/皮膚収集癖/急に帰る女』
  • 放送回:第1575回 (6本目/10本録り中)
  • 公開日:2018-11-25
  • 収録日:2018-11-10
  • 長さ:22:44
  • お便り回(※新パッケージ)
  • メッセージ:①おてもやん、②ゴミ箱がティッシュでいっぱい、③コバサンジェルマン、④シリボーイ
  • ジングル:みんな一生懸命がんばってる編(※NEW!
  • 配信ページリンク:https://tdkdx.com/2018/11/25/1575/

内容

タダシゲ:第1575回(略)。どうも、こんばんわタダシゲです。
マスダ:どうも、マスダです。よろしくお願い致します。

お便り① from おてもやんさん(OP~)

◎RN:おてもやん
◎女性
◎36~40歳
◎大阪府
◎スカイプで相談

タダシゲさん、マスダさん、こんばんは。

相談はないのですが、
項目がなかったのでこちらにしました。

最近聴き始めた新米です。
どうぞ宜しくお願いします^^

えっと、
私もポッドキャストをやることになり
まず誰かのを聴いてみよう、
面白いポッドキャストないかなぁー、と探していて タダしいyouに見える に出会いました。

初めはお二人の声が好きだなぁと思って聴いていましたが、
私がポッドキャストの初回収録の時にあまりにも緊張していて全然喋れなかったので、
タダシゲさんやマスダさんは初めからこんな落ち着いて喋ってたんかなぁ?と思って2009年の初回を聴いてみました。

そこからまたハマってしまい(笑)!

いやぁ、大学生のお二人もイイですね(笑)

勇気出ましたわ(笑)
(悪い意味じゃないよ)

なので今は、
最新のエピソードと共に
第1回からも聴いてます。
今、22回まで聴きました~!

キングオブ パクリ とか、
ウンコ漏らしたとか、
バイクのオバハンの話とか、

私がゲラ笑いしてると子供が

ママ、何がそんなに可笑しいん?!

と真剣な眼差しで聞いてきます。

その眼差しでまた笑う、、、エンドレス(笑)

何の相談もありませんが、

お二人と話してみたいなぁ
楽しそうだなぁ

と思ってメッセージしました!

タダシゲさんやマスダさんからすると、
私はオバハンの域に入る年齢かもしれませんが
社交辞令で優しくしてやってください(笑)

ステッカーってまだあるのかな??

ステッカー希望だす☆

急にどうしたんや

P.S

タダシゲさんは初回収録で、
ポッドキャスト配信するまでにすごく大変だった!
PC音痴とまではいかないけど、PCできない俺にとってはハードル高かった!
みたいなこと言うてはったけど、
タダシゲさんが書いてた記事でも私、全然できんだったYO(T ^ T)

YOがローマ字ですね

2ヶ月近くかかって、やっとiTunesの申請にこぎつけました(><)

(tdkdx.comより)

赤字の部分が引っかかる二人。

:全然できんだったYO(T ^ T)
ステッカー希望だす☆
:星(笑)

久しぶりに初々しい方からのメッセージでイイですねというタダシゲ。

おてもやんさんとのスカイプ収録については、連絡先等の記載がないのでコンタクトできないというタダシゲ。ステッカーも送れない。

:いや、単純にちょっと、俺的にはあれやな。話せへんと思うな(笑)
:僕もね、厳しいもんあるかなと。

おてもやんさんにはラジオを50回くらい更新した後に再度メッセージを送って頂きたいというタダシゲ。再度、合わないと思うとのマスダの念押しだが、タダシゲはおてもやんさんの気持ちが凄くわかるという。

:2009年の僕と同じようなテンションやと思うんよね。たぶん、楽しいんやと思う、ラジオが。
:あぁ、なるほど。
:で、見つけて、何かすごいやってる人がいるから、「ちょっとこの楽しさを伝えたい」って気持ちがすごいあるんやと思うよ。だから俺は応援してる、すごく。

ゲラ笑いのくだりを読むにつけ、やはり合わへんというマスダ。

やはり楽しい時間を過ごすおてもやんさんを擁護するタダシゲ。この人生における重要な時間に貢献できて幸せだという。

:ただ!ただこんだけ言うてるけど、やったら跳ねる可能性はあるね。こういうタイプとやったらこのラジオがまた一段階跳ねせてもらえる人。今までコラボしてきた人とは違うもんね。

おじいちゃん

やれ、やれー!

ラジオの進化を期待して次へ。

お便り② from ゴミ箱がティッシュでいっぱいさん(05:41~)

◎RN:ゴミ箱がティッシュでいっぱい
◎男性
◎21~25歳
◎東京都

タダシゲさん、マスダさん、こんにちは。
私は今年から新卒で社会人となりました。そして、愛知から東京へ就職して一人暮らしが始まり、大学から二年付き合ってた彼女とは遠距離で別れ、何のために生きているのか自分に問うていたこの半年間、タダしいyouに見えるを聞いて生き長らえてきました。そして、ようやく落ち着いてきたので、満を持してメッセージを送ろうという運びでございます。

今回のメッセージテーマですが、
私はゲーム開発の仕事をしております。そして、東京に来たのも、どうせ働くのであれば好きな仕事をという意気込みでゲーム会社に就職をしたからであります。(そんな意気込みも、彼女と別れてからは、20代でなにを決心した気になっていたんだと恥ずかしくおもっております。)
そんな私は「自分で考えた企画を仕様書として作成し、ゲームに反映されてユーザーから感想をいただく」ということが仕事で面白いポイントだと思います。自分が世間に見られている、認められているという承認欲求が満たされます。タダシゲさんとマスダさんは、ラジオという媒体で上記のことを何年も続けておられますので、本当に尊敬しております。

最後になりますが、私は普通の仕事は嫌だと思い、「自分の好きなものを仕事に」と経営学部の大学からゲーム開発の仕事へと挑戦いたしました。就活中にはゲームの専門学校に行っている人を見つけては話を聞き、企画書の書き方や業界の話を教えてもらい、なんとか独学でゲーム業界へ入り込みました。ですが、東京に来て彼女を失い、ようやく気がつきました。嫌だと思っていた普通の仕事をしている普通の社会人がとても輝いて見えたのです。愛する人と共にいれれば、それだけでいいのだと、タダしいyouに見えるを聞いてそう思う毎日でございます。

お二人の活躍をこれからも応援しております。

(tdkdx.comより)

:う~ん。この最後のさぁ、“愛する人と共にいれれば、それだけでいいのだと、タダしいyouに見えるを聞いてそう思う毎日でございます”って、俺の話を言うてんの?
:いやいや、僕もじゃないですか?
:(笑)
:そうでしょう!なんで省かれてんねんな?
:だって、タダシゲくん別に結婚してないしさ。子供もいないしさ。
:同棲ってもうほぼそういうことでしょう!
:はよせぇよ!しょうもない。
:ほんまもう決めてん!自分の中で。「はよせぇ」って言うやつは、俺に50万よこせ。

「全ての結婚は気の迷い」という林修の言葉を紹介するマスダ。そんなに猶予を与えたら気の迷いが無くなってしまうでとアドバイス。タダシゲは、迷ってもいないし、ただ金の問題のみだと反論。

参考 林修「全ての結婚は気の迷い」 前はこんな人じゃなかった!と感じるのは「ホルモンが減り、冷静な判断が可能になったため」BLOGOS

それはいいが、「ちゃんと結婚を決めてるから」という言葉がけや、安い指輪を買うでもいいのできちんと行動で示せというマスダからの大人の助言。

ゴミ箱さんに話を戻す。

若くして、自分の好きなことを仕事にし、きちんと金を稼げているという事実がすごいという二人。

彼女と別れたことをやたら強調しているが、20代前半の彼女などちっぽけ過ぎて気にしなくてよいという。

:今傷が深いとこから、こんなん言ったら怒られるかもしれんけど、2年後同じセリフ(別れた辛さ)が言えるか?絶対言えてへんから!
:ほんまな。なんぼでもおるから。女の子なんか。

ただ、ゴミ箱さんがこの仕事に就けたのは彼女のおかげだったのは事実だと思うという二人。

そして、愛する人のために普通の仕事をしている人が輝いてみえるという点については、よく分析しているというマスダ。この若さでそこが見えたかとタダシゲも称賛。

マスダより締めのお言葉。

:「子供がいて、結婚して」はベターやな。「好きなことを仕事にして稼げる」のもベターやな。ただどっちもベストではないわな。それが両方重なった時ベストになると僕は思うんよね。これが難しい。これがどっちも出来てる人はすごいなぁ。

この人は着実に段階を踏んでいるので後は突き進むだけだという二人。きっと素敵な人に巡り会えるから大丈夫だとのことで次へ。

お便り③ from コバサンジェルマンさん(12:09~)

◎RN:コバサンジェルマン
◎男性
◎16~20歳
◎長野県

タダシゲさん、マスダさん、お疲れ様です。コバサンジェルマンです。

メッセージゼロ通回があったのにもかかわらずメッセージを送れず、すみませでした。ですが毎回楽しみに拝聴させていただいてます!

さて、趣味で集めているものというテーマがありますが、(ここからお聴き苦しくなると思います)趣味というか癖に当たると思うのですが僕は手の皮を集めています。僕の部活はマメが多くできるようなスポーツなのでマメができては剥き、マメができては剥きを繰り返し、ついには集めるという境地まで切り開いてしまいました。汚いと思われるのは自覚しています。ですが、剥くことがとても気持ちよくてやめられない、またそれらを鑑賞し、部活での達成感、分厚さを触り、見ることでの気分の高揚感を感じることをやめられないのです。

今や、コレクションは数百を超え、マメ界の草間彌生と称されてもいいような実力があると自負しています。

あっ、すみません。聞き苦しい話を長くしてしまいました、気分を害された方がいましたら本当に申し訳ありませんでした。

そして、前回の収録でサムいやつの特徴の話ををされていましたが、僕も身の回りで探してみました。学生の視点なので学校生活の中でのサムいやつになりますが、1つ目は暇さえあればバスケのフォームだけをエアでするやつ、2つ目はトイレを出た後に前髪をちねるやつ、3つ目は女子をカメラで撮って、やめてやめてと言っているのを喜んでると勘違いしてるやつ、4つ目は手の皮を剥いて集めているやつです。

長文駄文失礼しました。

これからも収録頑張ってください。では。

(tdkdx.comより)

:なんか一皮剥けたな。重ね合わせるわけじゃないけど。

皮を剥く癖について語る二人。

アーティストの村上隆も、自分の髭や爪を収集しているのをインスタにあげていたのを紹介するタダシゲ。

たまにすごい長い鼻毛が抜けたりすると置いてみてしまうことはあるというマスダ。

:まぁそれはわかりますけど。
:あの気持ち良さとはまた違うんかな?
:同じなんやとは思うんやけど、それを集めるっていうのがすごいですよね。

どこに集めているのか気になるマスダ。

:封筒かなんかに入れてんのかな?
:瓶とかじゃないっすか?眺めてるんやから。
:汚ったね(笑)

皮膚を剥くことが快感になるのは、『皮膚むしり症』をいう精神障害なのだと紹介するタダシゲ。実はタダシゲ自信もそうなのだという。唇や指のささくれを血が出るまで剥いてしまう。

:でも別にコレクションしてないでしょ?
:それはないですね。
:それを集めるっていうのはさらに極地に行ってる気がするな。
:次のステップやね。
:そんでほんま何に集めてんねやろ?それちょっと気になるわ。筆箱かな?

癖になるので止めたほうがいいというタダシゲ。

:でもやっぱ努力の結晶なんやろ。ここまでやりました!っていう。
:なんでやねん、もっと違うかたちで見ろや!

続いてラストへ。

お便り④ from シリボーイさん(17:35~)

◎RN:シリボーイ
◎男性
◎31~35歳
◎大阪府

タダシゲさん、マスダさん、こんばんわ。ギラギラしているシリボーイだよ。
今日は、勝手ながらこの番組でしか言えない愚痴を告白させてください。

先週、この歳になってうんこを漏らしました。
チビッたというレベルではなく、ほんいきのヤツです。
最寄り駅から自宅への帰り道の出来事です。振り返ると新幹線の中、ご飯を食べていた時など、要所要所でトイレに行くチャンスはあったのですが、なんとなくまだいける感じはあったし、トイレのクオリティーを選り好みするたちなのが災いしました。
自己嫌悪がやばめです。

同じ週の週末、彼女に振られました。漏らしたことを告げたわけではありません。
自宅近くの繁華街でご飯を食べて、シリボの自宅へと向かう駅の下りホームに向かっていたところ、振り返ると女がついて来ていません。
女は逆側の上りのホームに向かっていました。シリボは大阪の南の方に住んでおり女は滋賀です。

:これなんやろな(笑)女、女って。
:彼女やったのにな、最初(笑))

これまでも同じように、何度か駅で急に帰るという異常行動を示していたので、今回もまたかと思ったのですが、電車の中でお別れを告げるLINEが来ました。

「もうシリボくんとはやっていけない」みないなことが書いてありました。
なんかイラっとしたので、賛成の旨を返信すると、「わたしはシリボくんのこと大好きだったよ」と意味が分からないリプライが来ました。なんだかんだ1年ほど時間を過ごした相手だし、おっぱいも綺麗だったのでもう会えないと思うとヘコみました。

立て続けに起こった不運に負けまいと、「面白くなってきやがった」と己に言い聞かせていますが、今週はどうにもこうにもなりませんでした。ちょっと深手を負いすぎました。

僕はもう誰も愛せないのでしょうか??

:やかましいわ)

P.S.
お題の集めているものについて。
全く趣味なわけではないのですが、女とのアポで奢ってきたお店のレシートです。なぜか捨てられず、気づけば封筒パンパンになりおおせています。この屍をいつかすっきりと捨てられる相手に出会いたいのですが、どこらへんにいると思いますか。

(tdkdx.comより)

:なんじゃこいつ(笑)・・・すげぇな。
:アホやな。ほんまアホやな。
:ギャップがエグいな、最初のメッセージとの。

マスダから思いもよらぬ宣言。

:これな、俺でも次のメッセージテーマにしたいな。
:え?どれを?
:あの「うんこ漏らした話」。これな、俺も二週間前かな?うんこ漏らしてん。
:また!?病気やん。栓しとけや、ほんま。

嫁さんに怒られたというところまで話して、詳細は次に語ろうということで、メッセージ内容に戻る。

シリボの相変わらずのクオリティーを称えるタダシゲ。

:この“女”に変わる瞬間がめっちゃオモロい(笑)
:これでも、あれやろ?遊んでた女やろ?毎回言うてた。“彼女”って最初に振っといて“女”にしてるけどさぁ、そんなもんやったんやんけ。

この気持はなんとなくわかるというタダシゲ。何も言わず駅の反対側へ行く感じリアルやわというマスダ。

:もう、でもそんなん遅かれ早かれやから。大丈夫や。毎回おんなじこと。
:間違いない(笑)一生ついていけへんよ、こんなやつ。
:ただおっぱいが綺麗でしたというところだけ。いっぱいおるよ、そんな奴は。大丈夫や。
スクラッチやから。

メッセージ回は以上!未読3通は次回へ回しますといったところで〆。

感想

お便り4本目。

全部粒ぞろいで面白かった。腹抱えて笑わせていただいた。

今回は『タダしい』リスナーの層の厚さに敬服するのみ。四者四様良かったYO\(^o^)/

 

次回からのフリートーク期待だす☆


※次回収録のメッセージテーマはマスダの希望通りとなったもよう。

次回(2018/12/8)収録メッセージテーマ

 

終はり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。